新人の大きな仕事の一つである忘年会の準備とは

忘年会は12月に行われ、一年を締めくくる大きなイベントです。部署内の多くの人が参加する飲み会で、通常行われる飲み会よりは参加人数が多く、部長レベルの管理職の方も顔を出します。忘年会の調整は、新人の社員が行うことが一般的です。お店を選んだり、多くの人が参加できる日にちを考えたり、場合によっては余興も考えます。新人の人は、部署内の社員の方々の出欠を取ります。普段の業務では話したことのない人ともコミュニケーションを取る機会にもなります。出欠をとるときには、全体メールや朝礼時など全員に周知する時間を使ってお知らせします。お店は全員が入れる場所を確保するのですが、忘年会シーズンは大人数の予約が取りづらくなるので早めから行動するのが肝心です。良いお店を確保するなら11月ごろからサーチを始めた方が良いです。余興を行う場合には、マイクやプロジェクターなどの備品がお店に備わっているかをチェックするのも大切です。

忘年会での新人の役割は一年を締めくくる大切な仕事

忘年会は12月に行われ、会社の同僚たちとだけでなく、友人同士でも飲みに行きます。会社の忘年会では、部署に所属する多くの同僚が参加します。忘年会を取り仕切るのは、新人が担うのが一般的で、出欠を取ったり、お店を決めたりします。大人数の飲み会を開催することになるので、たくさんの人が入る居酒屋を見つけるためには、早めの行動が肝心です。課長や部長などの管理職クラスで出来るだけ出席してほしい人の予定は事前に抑えて、確実に参加できる日を見積もります。全員の出欠を取り切る前に、欠席者や当日のドタキャンを想定した人数で予約を取ります。お店に連絡をするときには、何日前までの変更でキャンセル料が掛かるのかを聞いておくと安心です。社内で周知する際にも、直近の欠席連絡はキャンセル料が発生する旨を連絡しておきます。参加費は飲み会代や余興に掛かるお金を計算して周知し、回収は会社にいるときに行っておくとスムーズに進みます。

check

2016/7/14 更新


Copyright (C) 2015 「忘らるる年の宴」All rights reserved.