忘年会で事前に司会を決めておく重要性

忘年会を開催する場合は、事前に司会を決めておくことは重要です。なぜならスムーズに進行させるためには欠かせない存在だからです。単純に食べたり、飲んだりなどするだけであっても楽しい時間を過ごすことはできます。しかしそれだけだとありきたりになってしまうため、何かしらイベントを考えているとします。その場合はきちんとイベントを開催するための時間をきちんと設けることが大切です。しかし事前に司会を決めておかなければ、時間管理が曖昧になってしまい、用意していたイベントが開催できないという状況になってしまう可能性があるのです。そこで忘年会の司会を決めるという場合に、誰が適任なのか迷うことがあります。例えば新人に任せる手段もありますが、よりスムーズな進行を考えると、忘年会に出席経験のある若手から中堅の人材充てる方法があります。出席経験のある若手や中堅ならば、社内で顔見知りが多いですし、出席経験があるため、段取りを分かっている点が魅力的です。

忘年会の司会での立ち回りは腕の見せ所

忘年会は年末に開催され、一年の労います。多くの人数が集まるときは、幹事が代表して司会を務めることがあり、特に会社の忘年会の時は、司会・幹事は若手社員に任せられることが多く、腕の見せ所となります。部長クラスや普段一緒に仕事をしたことのない人も集まる会なので、自分の顔と名前を覚えてもらういい機会になります。司会は、会場にみなさんが到着したら、乾杯を部長や課長などにお願いします。事前に乾杯の発生をしてほしい旨を伝えておくとスムーズです。乾杯が終わったらいよいよ飲み会の開始です。少しの間ですが、幹事たちも食事を楽しむ時間があります。飲み会が1時間ぐらい経過したころには、幹事たちが考えた余興を行って場を盛り上げるのですが、ビンゴやゲーム、重大ニュースの発表などが定番です。宴会の最後には、締めの挨拶を乾杯とは別の部長や課長に依頼して、一本締めや三本締めで締めくくります。参加者に退場を促して、二次会会場への誘導も行います。

pickup

最終更新日:2017/2/16


Copyright (C) 2015 「忘らるる年の宴」All rights reserved.