忘年会の挨拶は例文集などを調べると楽

忘年会の挨拶というのは、面白くなければいけないとされています。笑いの一つも取らなくては失格だと言われてしまいますから、考えるのはとても大変な作業になります。しかし年末の忙しい時期に、そんなにも時間をかけて文章を考えることは難しいです。そこで便利なのが、例文集というものです。本でもいろいろ出ていますが、ネットにも面白くて人を惹きつける魅力のある挨拶というのは紹介されていますから、そういったものを参考にして作成していくといいでしょう。何もすべて丸々コピーしなくても、いいと思ったところだけを参考にすると、オリジナルでも面白い挨拶文を作り出すことができるのです。忘年会は普段会わないような人もいますから、そこで笑いを取れるとまた新しい可能性が広がることもあります。頑張って調べて、笑いを起こして、それを仕事にも活かせるようにすると最高です。周りの人と被らないように少し打ち合わせをしておくとなおいいです。

忘年会の挨拶の内容を考えるための秘訣とは

忘年会の挨拶を考える場合は、人の心理について知る事が大切です。心理を知る事によって好印象を与える内容を作り出す事も可能です。人の心理の中に、人は意外性と期待性を求める心理があります。意外性とは今までには無い内容であり、期待性とは今までにある内容です。意外性ばかりですと、言っている内容が理解でき無くなる虞がありますが、期待性ばかりできすとつまらない内容になってしまいます。初めの言葉は、忘年会の挨拶である事を示すために、期待性のある内容が望ましいと言えます。期待性の内容は簡単に考える事ができますが、意外性の内容は、少し考える必要性があります。例えば、今年を振り返り流行った言葉や芸能人が発した言葉の中で、一発芸である数年前の流行りの言葉を発すると、そこには意外性を作り出す事ができます。忘年会の挨拶における締めは、来年度における思いや考えを述べる事も一つの方法です。そこには、前向きな思いと団結心が生まれ、年末を最高に良い日として過ごす事が可能になるためです。

おすすめWEBサイト 5選

2016/7/14 更新


Copyright (C) 2015 「忘らるる年の宴」All rights reserved.